車の鍵作成<イモビライザー付>、特殊鍵もお任せ下さい。スキー場・遠距離出張もお任せ下さい

イモビライザー付の鍵を紛失した場合も鍵プロなら現地へ出張して作成致します。

最近の自動車には盗難防止装置付の鍵が主流で、高級車から軽自動車までイモビライザーが付いております。何が違うかと言うと鍵を作るのに高度な技術と最新の設備が必要になります。つまり料金が高いという事になります。

目安料金:出張費・作成費用 含めて 80,000円が目安となります。イモビライザー

スキー場や観光地、温泉街など旅先で鍵を紛失した場合、自宅に戻れば鍵がある場合などは80000円を目安にどちらが安いかをご検討下さい。鍵プロの場合は現地で鍵をつくり、ほぼ純正に近い形で納品します。

イモビライザー付の車種は下記の通りですが、順次そのようになっています。右の写真のように、プッシュ式スタート(エンジンをかける時に鍵を差し込まないタイプはイモビライザー付)

プッシュ式ではないタイプでもイモビライザーが内蔵している場合があります。メーター廻りに「セキュリティ」のランプが点滅している場合はイモビライザー付となります。

内蔵されている主な車種:トヨタのアルファード、ヴェルファイアー、ハリアー、レクサス、ホンダ オデッセイ、ステップワゴンなど (平成17年位~)

 

イモビライザー付と普通の鍵はどこが何が違う

簡単に言いますとセキュリティのレベルです。イモビなしの場合、鍵を作ればエンジンはかかキーレスエントリーります。

イモビありになりますと、エンジンコンピューターと鍵の情報が一致しないとエンジンがかからない仕組みになっており、

盗難防止装置とも言われています。鍵の中にチップが入っており、その信号とエンジンコンピューターが一致しないとエンジン

はかかりません。よって、鍵を紛失してしまった場合、特殊な機材を使用して鍵を作成することになります。

見た目ですと、昔のキーレスエントリーのような形状で、鍵が非常用で内蔵されています。よって、ドアなどの鍵開けは特殊機材を持たない鍵屋さんでも対応可能です。

右の写真はある車種のイモビ付の写真ですが、ほぼこのような形状になっており、丸いリングが付いている部分を抜くと非常用の鍵が出てくる場合が主流です。

Copyright© 2012 kagipro Site All Rights Reserved.